広島県漁業共済組合 本文へジャンプ



 

平成27年3月以前のコラム
<<前のページ | 次のページ>>
2019年5月17日(金)

 海で事件や事故が起きた時に通報する海上保安庁の緊急連絡先「118番」に2018年にあった約43万件の通報のうち、約99%がかけ間違いやいたずらだったそうです。
 かけ間違いでかつて多かったのは、大手宅配会社の不在票に書いてある受け取り番号が「118」で始まるものがあり、電話番号と間違えてかけてしまうケースだそうです。スマホが普及し始めてからは、スマホをポケットなどに入れている時に勝手に発信されてしまうケースが出てきたそうで、この間違いは「119番」でも同様にあるようです。
 そのような誤発信への対応が業務に支障をきたすこともあるので気を付けてほしいと毎年ニュースでやっていますが、海の事件・事故時の通報先が118番ということを私はこのニュースで思い出します。海に行く機会があまりない人は私のように知らない人の方が多いのではないでしょうか。しかし海で働いている人やよく海に行く人にとっては大事な番号ですので、ニュースで取り上げられることで誤発信が減っていけばいいなと思いました。


   © 2006 広島県漁業共済組合