広島県漁業共済組合 本文へジャンプ



 

平成27年3月以前のコラム
<<前のページ | 次のページ>>
2019年7月26日(金)

 西日本豪雨災害から今月で1年が経過しました。被災された皆様に、あらためて心よりお見舞いを申し上げます。
 今年も雨の日が多く、全国各地で豪雨による被害も発生しており、警戒していかなければいけません。気象庁は、災害の危険度に関する情報を5段階で分かりやすく提供する「大雨・洪水警戒レベル」という新制度を、5月29日より運用開始しました。しかし、6月7日に県内でレベル4(避難勧告)が発表された際に避難した人は、対象世帯の0.17%であったそうです。私は学生時代に気象について勉強をしていましたが、新制度になり分かりやすくなったという実感はありません。より多くの人が正しい情報を得るためにはまだまだ課題が多く、私たち自身も災害に備えていく必要があると思います。今夏は降水量が平年より多いという予想が発表されていますので、皆さん十分にお気を付けください。
 とはいえ、暑い夏がやってきます。学校は夏休みに入ったとニュースでも取り上げられていました。先日、かき養殖のいかだ調査で丸1日船の上にいると、真っ赤に日焼けしてしまいました。こまめな水分補給など、万全な熱中症対策を心掛けましょう。


   © 2006 広島県漁業共済組合