広島県漁業共済組合 本文へジャンプ



 

平成27年3月以前のコラム
<<前のページ | 次のページ>>
2019年10月23日(水)

10月1日、消費税率が8%から10%に引き上げられました。
 前回の消費税増税は2014年の4月でしたので、約5年ぶりの増税となります。今回の増税が前回までと大きく異なるのは、キャッシュレス決済によるポイント還元制度が導入されたことと、食品などに対して軽減税率の適用があるという点にあります。
 今回のキャッシュレス決済によるポイント還元制度を機に、初めてキャッシュレス決済に挑戦してみた人も多いのではないでしょうか。また、軽減税率の導入に関しては、対象となる商品の線引きが複雑で、おもちゃやカード付きのお菓子の税率も話題になりました。以前、国会でも取り上げられましたが、生きた魚は軽減税率が適用されるかどうか問題になった事があります。その答えは、普段食用とされている魚は食品に該当するため対象になり、熱帯魚などの観賞用の魚は食品ではないので適用外となるそうです。
 このように、魚以外にも線引きが難しい事例がいくつもあり、軽減税率制度が完全に浸透するにはまだ時間が必要だと感じました。


   © 2006 広島県漁業共済組合